年齢に応じた乾燥肌対策

年齢を重ねれば、当然肌も衰えてきますが乾燥肌を年齢のせいにして諦めるのは止めましょう。

お肌も手をかければそれなりに応えてくれて美肌でいられますが、子育てに追われているうちは自分のお肌の手入れは2の次、3の次にしていて50歳になってふと見た鏡に映った自分の顔にびっくりした人もいます。始めて老眼鏡を買って、老眼鏡でよく見えるようになって見た自分の顔のシワの多さに驚愕した50代の人など、突然自分の現実を思い知らされる人は多いです。

お肌の曲がり角を2、3回通り過ぎてもキレイな肌の人はたくさんいて、キレイな肌の人に共通しているのは肌が潤っているということです。反対に肌が乾燥している人は、色々な肌トラブルを抱えています。

乾燥肌になる原因は、ホルモンの関係も紫外線の関係も、そしてその他の原因も様々ありますが、保湿をしっかりすることで乾燥肌対策が出来ます。乾燥肌を防ぐ保湿対策は、10代だからといって安心していられません。10代は皮脂がたくさん分泌されるためテカリやにきびを気にして洗浄力の強い洗顔料を使いがちですが、刺激の強い洗顔料は乾燥肌になりやすく、乾燥肌はさらににきびを悪化させてしまいます。

従って10代の方乾燥肌対策は刺激の強い洗顔料と洗顔のし過ぎに注意してください。

脱毛 腕

20代は、ホルモンバランスが崩れてくることも多くストレスを受けやすくなり10代のころよりさらに乾燥肌になりやすくなっていますから、細胞間脂質を補う保湿ケアをおススメします。30代は美肌成分の分泌も少なくなるほか、乾燥肌の原因を年齢的に支えるのは難しくなるため、一番乾燥肌になりやすいのは30代です。

そして、40代、50代のほとんどの方が乾燥肌になりますが、この年代の女性はエストロゲンの生成も減少して乾燥肌になります。エストロゲンの補給で治すこともできますが副作用のリスクもあります。そのため、この年代の方の乾燥肌対策は、不足しがちなタンパク質などの栄養摂取を心がけて肌も体質も改善することをおススメします。

札幌 全身脱毛 月額 落とし穴

夏の乾燥肌対策

乾燥肌対策は、乾燥肌のタイプや状況を見てそれに適したケアをすることで乾燥肌を改善することができます。
乾燥肌の原因には、夏には夏の冬には冬の乾燥肌のタイプがあり、ケアの仕方も違ってきます。

夏は強い紫外線と冷房による空気の乾燥などで、夏の肌は乾燥しやすくなっています。さらに、肌の水分を保持する力が弱くなっている肌は余計に乾燥しがちで、乾燥した肌はシワやたるみなどの肌トラブルで悩まされることになります。

夏にうっかりしがちなのは、夏は汗や皮脂の分泌も増えるので一見しっとりしているように見えるので肌が乾燥していても気がつかないことが多くあります。肌トラブルが起こる前に保湿をしっかり行って未然に防ぐことをおススメします。また、夏場の肌を乾燥させる原因にエアコンがあります。エアコンは昼間使うばかりでなく、夜も使う家庭が多いです。アスファルトなどの照り返しで夜10時ごろまで暑いことも多く、熱帯夜などは暑くて寝つかれないため一晩中エアコンをつけたままということもあると思います。

エアコンは空気を乾燥させますから、乾燥した空気のなかに長時間いる夏は肌の水分も奪われて乾燥肌になってしまいます。敏感肌や肌の弱い方はよけい影響を受けて肌にダメージを与えてしまいます。

また、夏の紫外線は肌のバリア機能の働きを弱くして乾燥肌にしてしまいます。その他夏はお風呂やシャワーの回数も増えるので、それも乾燥肌の原因となってしまいます。肌乾燥を起こしやすい条件ばかりそろっている夏の乾燥肌対策としては、部屋の乾燥を防ぐため加湿器を使うとか、エアコンを弱めるなどの工夫をしてください。

そして、お風呂やシャワーを使うときは体を洗わずに洗い流す程度にすることや、日焼け止めクリーをしっかり塗って紫外線を防ぐこと、夏は隠れ乾燥肌が増えているのでコスメは油分の入った保湿クリームを使うことをおススメします。

肥後すっぽんもろみず飲むタイミング

冬の乾燥肌対策

夏も乾燥肌になりやすいですが、冬は夏以上に乾燥肌になりやすい条件が揃っています。

まずは、冬の冷たい風や乾いた空気です。出来れば外出をするときはマスクをかけて冬の冷たい風から肌を守ってください。

そして、体内からも肌の乾燥を守ってください。赤ちゃんの肌はみずみずしいですが、赤ちゃんの体内は70%水分で、大人の水分は50〜60%と言われていますが、みずみずしい肌と体内の水分は無関係ではありません。

従って夏と違って冬は水分を摂ることが少なくなりますが、冬も体は水分を要求していますから心がけて水分を摂ることをおススメします。

水分をしっかり摂ることで血液がドロドロになることを防げ、血行も良くなり女性に多い冷え性も予防できます。肩凝りやむくみも避けられる他血液の流れが良いと肌細胞にもダメージを与えずにすんで乾燥肌になるのも防げます。

体に与える水分の大きく、例えば山中で道に迷って1ヶ月程ものを食べられなくても死ぬことはありませんが、水分がなければ1ヶ月持たないと言われています。上記のように水分がないと体の色々な部分が機能しなくなってしまうことを考えれば、食べ物がない事より水分がないことの方が深刻なのが頷けます。

水分補給は喉が渇いてからでは遅いと言われていますが、喉が渇いたと感じるときはすでに体の内部で少なからぬ障害が出ているのです。

また、水分補給がしっかりできていると風邪やインフルエンザにかかるリスクも下がります。乾燥肌対策としても美容と健康のためにも冬もしっかり水分を補給することをおススメします。

脱毛 秋 キャンペーン